しゅたいんのブログ

北海道で学生やってます。あまりに生活リズムが崩れているのでブログを書き自分自身を見つめ直そうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

素直な気持ち

昨日は久しぶりに故郷へ帰省した。
バスで2時間は楽で良いなぁ~。

理由は2つ。

奨学金の手続きと親を栗山まで送るためだ。




俺のもらってる奨学金はちょいと特殊で、母子家庭専用の市でもらうものだ。
おかげで無利子、通常よりも多めにもらえる。

問題なのは院に進む時だ。大学院は規定外なので、奨学金をもらうことができない。
それだけではなく、翌年から返済をしなければならない。

つまり院に通いながら、奨学金をもらい、奨学金を返済しなければならないのだ!!
何を言ってるのか俺もわからなくなってきたぞ!!!

今後、色々考えなければならない。


さて今日は弟の栗山の専門学校の入学式だ。
その為、母親も前日からホテルで泊まることになっていたのだが、行き方がわからないらしい。

そこで生きてくるのが、鈍行列車の旅で手に入れた時刻表と青春18きっぷである。

18きっぷの残り1枚を何に使おうか悩んでいたがこれにて解決である。


思ってたよりも栗山は都会だった。夕張だから心配していたが…。 


これで母さんは一人暮らしとなる。

今まで恩返しらしい恩返しをしてこなかったしなぁ~。
どうしてこう、親への愛情表現というもんは難しいのだろう。
友達よりも、兄弟よりも、教師よりも、どこかにテレが含まれてくるんだよな。

それはどこかで親への反発があるからかもしれない。
完全に独立してない状況で、後ろめたさがあるのかもしれない。
もちろん、単純な恥ずかしさがあるのかもしれない。

それはわからない。

でも一度は心の底から「今まで育ててくれてありがとう」と言えるようになりたい
死んでるから言えないなんて状況には、もうなりたくない・・・

言えない要因がたくさんあるんだけどな。

それには俺の考え方を変えなければならないのは重々承知なのですが・・・。
難しい問題だな。



今日の教訓…「親孝行は今の内」

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

親に素直に御礼言えない気持、よくわかります。そういう時僕は手紙を書いて送ったりします。手書きで。そういうことで親は喜ぶものだと思います。
追伸 ブログを新たに開設したのでよかったら見てみて!

もとアレックス | URL | 2011-04-06(Wed)21:49 [編集]


Re: タイトルなし

> もとアレックス
なるほど、手紙ですか。考えもしなかったなぁ~。今度やってみようかと思います。
てか眠い時に書いたせいだけど、恥ずかしい記事だな(笑)

ブログは見るよ~

しゅたいん | URL | 2011-04-07(Thu)06:23 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。