しゅたいんのブログ

北海道で学生やってます。あまりに生活リズムが崩れているのでブログを書き自分自身を見つめ直そうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

自己矛盾

松屋で牛めし240円セールをやってるので客が多くてやばい。

牛めし5丁入りま~す。…テンパルよorz

では最近はまっているガンダムOOの話でも



ガンダムとは画期的なアニメだった。
それまでの漫画、アニメと言えば悪VS正義という簡単な構造で敵を倒す。
地球侵略を企む○○に対抗すべく立ち上げられたヒーロー戦隊!!みたいなものがほとんどだった。

所がガンダムがその常識を打ち破った。
戦争が起こっている中、偶然そこに居合わせた主人公アムロが戦いに巻き込まれていく物語。

人間同士の戦争をやっているため、どちらが正しいという訳ではなく(もちろん悪役として出てくるキャラはいるが)お互いの主張がぶつかり合った正義VS正義の戦いなのだ。

現実に起こった戦争が負けた方が悪として扱われている現状では、どちらかが100%正しいと戦争などないと僕は思う。


作中では色々な正義と正義のぶつかり合いの中、様々なドラマが生まれる。
それが人気が出た原因ではないだろうか?


僕はガンダム世代ではないので間違っているかもしれませんので、その辺はご了承を。


その後、ガンダムと名のつくアニメはヒットを繰り返し今でも続いている。
ガンダムOOは高3~大1の頃やっていた為、まったく見る機会がなかったのと前作SEEDがアレだったので見ようとは思わなかった。

ところが、新作スパロボにOOが参戦するようなので一度見てみようと思い見てみるとはまってしまった。


おおざっぱなストーリーは、戦争がなくならない近未来において「ソレスタルビーング」と名乗る集団が登場。

そしてあらゆる戦争、紛争に対して武力介入を行い戦争を根絶しようというもの。


争いを完璧になくすという理想を求め、武力を使うという自己矛盾が起こっている。

はたしてこの考え、みなさんはどう思うだろうか?


おそらく争いがなくなる事はないだろう。
平和な日本であっても、北朝鮮や中国との緊張は存在し、アメリカという「武力」の背景がなければいつ侵略されてもおかしくないだろう。

やはり、「ソレスタルビーング」のような強力な抑止力がなければならないのだろうか?
すなわち現実世界では、アメリカ軍であり、日本人が嫌う核の力であるといえるのではないか?


皆が手を取り合い、お互いを理解し、それぞれの異なる文化を尊重し共存する。
そんな絵空事のような理想が存在できるのであろうか?


話がそれたが日本人はこの事についてもう少し真剣に考えた方が良いように思う。
今ある平和で恵まれた環境が少し離れた場所では存在していなく、しかもアメリカに守られる形で憲法9条のもと、兵役も存在せずのらりくらりと生きている現場を。


そしてOOの世界ではどのような答えが待っているのだろうか?
主人公達は自身が抱える自己矛盾に対して、答えを見つける事が出来るのだろうか?

是非一緒に答えを確認しよう(^O^)/



今日の教訓…「変な時間にブログを書かない方が良い」








スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。