しゅたいんのブログ

北海道で学生やってます。あまりに生活リズムが崩れているのでブログを書き自分自身を見つめ直そうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ついに完結!!

昨日ついに最終巻である鋼の錬金術師27巻が発売された。

それについて長々とブログを書いていた訳だが、投稿した瞬間ログイン画面に行くってどういうことだよ!!!

1時間を無駄にしてしまってモチベーションが低い為、超簡易でお送りします。

この漫画は本当に完成度が高いと思う。
伏線の張り方、盛り上げ方、主人公の魅せ方、所々にちりばめられた小ネタ、ギャグ。

何より好きだったのは、単行本のおまけページ。
背表紙や、後ろの4コマは本当に笑わせてもらった。

こういうのを見ると、作者は本当に漫画が好きなんだなぁ~と思う。



ハガレンの世界では「等価交換」という法則が支配していると考えられている。

何かを得るにはそれ相応の代価が必要である、というもの。
エネルギー保存則とかと似たようなものだが、科学だけではなく日常生活にも適用できると主人公は考えていた。

努力という代価を払う事で、技術や知識等の対価を得る。
時間という代価を払う事で、充実感という対価を得る。

逆に何かの代価なしに何かを得ることはできない。


現実世界で考えても100パーセントではないにしろ、ある程度あてはまる法則だと思う。


しかし主人公は最後に、等価交換を否定する法則「10をもらったら11にして返す」事を証明していくことを誓う。


友達に助けてもらったら1を足して何かをしてあげよう。
親が育ててくれた愛情に1を足して親孝行をしよう。

そんな事を自然に考えられるような人になりたい。


痛みを伴わない教訓には意味がない。
人は何かの犠牲なしに何も得る事などできないのだから。
しかしそれを乗り越え自分のものにした時、
人は何にも代えがたい鋼の心を手に入れるだろう。



楽なことだけではやはり人間的に成長できない。代価を払うことで、人は成長し、色々な事を乗り越えていく。
当たり前なことではあるけれど、忘れてしまいがちなこと。
そして、主人公のエドや弟のアルの成長を見ていると、自分も頑張らなければと思ってくる。



色々な事を教えてもらった鋼の錬金術師、荒川先生には本当に感謝しています。
お疲れ様でした!!





今日の教訓…「ログインは定期的に」




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。